めん屋とんぼ・ラーメン八王子

更新
(2020.02.02)白湯のりラーメン追加しました。

八王子市内のラーメン店「めん屋 とんぼ」です。

昨月(9/22)にオープン1周年を迎えたお店です。
オープン時はミニマムメニューでスタートしたようですが、その後着々とラインナップを拡充し、現在は非常に幅広いメニューを提供するラーメン屋さんに発展しました。

場所は八王子郵便局とひよどり山トンネルの中間あたりに位置し、お世辞にも良い場所とはいいがたいところですが、ラーメンの味の良さと店主の人柄から、常連となるファンが多いお店です!

お店のポイント

  • 味は「正油味」、「塩味」、「白湯」と3種類の味付けから好きなものを選べます(白湯のみ50円増し
  • 正油ラーメンは、いわゆる八王子ラーメンをアレンジしたようなオリジナルのラーメン
  • 卓上調味料が豊富なため、様々な味変を試すことが可能!
  • 基本の正油たれ、塩たれも卓上に常備されており、味濃い目の調節が自身でできます。
  • チャーシューは低温調理で手間かけて作られたレアチャーシュー。
    このチャーシューを使ったチャーシュー丼は、夜行くと品切れになってるほどの人気メニュー
  • ラーメン屋さんなのに、おつまみメニューが安い旨いで非常に逸品!
  • つけ麺は麺の太さを微妙に太くしたり、卓上調味料とは別に「花椒 パウダー」を提供したりと、手間とコストのかかったおすすめ品です!

お品書き(2019.08.04時点)

価格、内容については変更となる場合がありますので、別途ご確認ください。

おしながき

  • ラーメン・・・・・・600円
  • 味玉ラーメン・・・・700円
  • のりラーメン・・・・700円
  • ねぎラーメン・・・・750円
  • メンマラーメン・・・750円
  • チャーシューメン・・900円
  • ピリ辛つけ麺・・・・700円
  • 麺中盛り:100円増し
  • 麺大盛り:200円増し

味は「正油味」、「塩味」、「白湯(50円増し)」の3つから選択可能(白湯のみ50円増し)

トッピング

  • 玉ねぎ・・・・・・100円
  • 味玉・・・・・・・100円
  • のり・・・・・・・100円
  • ねぎ・・・・・・・150円
  • メンマ・・・・・・150円
  • チャーシュー・・・300円

おつまみ

  • ねぎ皿・・・・・・200円
  • メンマ皿・・・・・200円
  • チャーシュー皿・・350円

その他

  • 生玉子・・・・・・・・50円
  • 半ライス・・・・・・100円
  • ライス・・・・・・・200円
  • チャーシュー丼・・・400円

飲み物

  • ビール中瓶・・・・・500円
  • コーラ・・・・・・・150円
  • オレンジ・・・・・・150円
  • 黒烏龍茶・・・・・・250円

卓上調味料

非常に多くの卓上調味料を常備しており、様々な味変が可能です。

  • 正油たれ
  • 塩たれ
  • ブラックペッパー
  • ホワイトペッパー
  • 豆板醤
  • おろしニンニク
  • 一味唐辛子
  • 辣油(ラー油)
  • お酢
  • 煮干油
  • 柚子油

#私のお気に入りは、白湯スープにおろしニンニクと豆板醤です!

基本情報

営業時間・定休日は変更となる場合がありますので、別途ご確認ください。

店名

めん屋 とんぼ

営業時間、定休日

11:00~21:00まで

定休日は不定休(店内の白板に次回休日を掲示してます)

席数

8席(カウンターのみ)

交通アクセス

所在地

東京都八王子市大和田町7-8-8

近隣のバス亭

八王子郵便局(京王バス)

車利用の場合

提携パーキング(コムパーク大和田町第3駐車場)

詳細はこちら

※めん屋とんぼのすぐ横にコインパーキングがありますが、こちらは提携先とは別のようなので注意

ラーメン写真

【白湯】のりラーメン、味玉付き

2020.02.02

のり白湯味玉2020.02.02

ここ最近、他店で食べることが多かったのですが、久しぶりにとんぼの白湯を食べたくなり訪問してきました。

期待していた通りの濃厚な味と風味で満足感の高い逸品です。

人脈の多いご主人が美味しいラーメンを提供する「めん屋とんぼ」は、地元っ子にもだいぶ浸透してきているようで、少しづつ常連被りが発覚しつつあります。

この日は知り合いの常連さんとばったり会いまして、久々に楽しく食事ができました。

八王子市内は非常にラーメン店が多いはずなのですが、意外にバッタリ会っちゃったりするあたりが世界が狭いというか、、、ですね(笑

2019.12.24

白湯のりラーメン味玉付き2019.12.24

のりラーメン+味玉+白湯です。ここ最近の鉄板メニューになった組み合わせ。

ここ最近本当に寒くなったせいか、徒歩で冷え切ったカラダがこういう濃厚で温かいラーメンを欲します。

この日の鶏白湯も非常に美味しくいただきました。

もう何度も食べてるこの鶏白湯ですが、毎回味のブレがなく安定していますね!

2019.10.05

白湯のりラーメン味玉付き2019.10.05

白湯味の、のりラーメン(750円)+味玉(100円)です。

この白湯スープは非常に濃厚なのに臭みもなく、後味が引きずらないので、スルスル食べれちゃいます。

白湯スープとしての完成度が非常に高いと感じます。

トッピングの味玉は中までしっかりと味が付いてます。

【正油】のりラーメン、味玉付き

2020.01.17

のりラーメン味玉付き202001.17

正油味の、のりラーメン(700円)+味玉(100円)です。

ここ最近、白湯にハマってましたが、久々に正油味にしてみました。

正油ラーメンスープ2020.01.17

スッキリしていて味わい深いスープ。

最初に食べた時よりも美味しくなっている気がします。

全然別の場所で聞いたお話ですが、お客(常連を指して)の舌はワガママなので「現状維持=品質低下」になるという話を聞いたことがあります。

ひょっとしたらとんぼのスープも、磨き続けて少しづつ向上してきたのかもしれません。

たまに正油ラーメンに帰ってくると、改めて美味しいなぁと思います。

2019.10.19

正油のりラーメン味玉付き2019.10.19

正油味の、のりラーメン(700円)+味玉(100円)です。

玉ねぎが入って、いわゆる八王子ラーメンっぽいですが、とんぼ流のあっさり正油味となっています。

表面の油も少なめで、あっさり。でも味とコクはちゃんと伴っている。そんなカンジのラーメンです。

【塩】のりラーメン、味玉付き

2019.10.27

塩のりラーメン味玉付き2019.10.27

塩味の、のりラーメン(700円)+味玉(100円)です。

奥深い味わいというか、めん屋とんぼの塩味は好きな人が多いようです。

以前に、地元の居酒屋さんで偶然とんぼ常連客が揃ったことがあり、「何味が好き?」って話題になった際に全員「塩!」でした。

オープン時は正油味のみでスタートしましたが、店主曰くもともと塩味も開発していたそうで、スープとの相性もバッチリです。

ピリ辛つけ麺

2019.11.08

ピリ辛つけ麺2019.11.08

ピリ辛つけ麺(700円)+味玉(100円)+麺中盛り(100円)です。

つけ麺は麺が異なり「太麺」がデフォルトとなります。

普通の麺が良ければ、申告すればそちらでの対応も可能です。

ピリ辛別皿

つけ麺の辛味は別皿で提供されます。

好みの量を調整できる配慮です。

とんぼのつけ麺、濃厚なつけ汁と太麺でラーメンとはまた違った美味しさがあります。

つけ麺の量はラーメンの1.5玉相当ですが、量を意識することなくつるっと食べれます。

ラーメンとは別に、是非つけ麺も試してみて欲しい1品です。

チャーシュー丼

2019.10.05

チャーシュー丼2019.10.05

めん屋とんぼの人気メニュー、チャーシュー丼(400円)です。

中央の卵黄をまぜると非常にまろやかな味に。

大判のチャーシューをめくると、その下に小刻みにカットされたチャーシューが散りばめられており、チャーシューとご飯のからみ具合がバツグンの逸品です。

チャーシュー皿

2020.01.17

チャーシュー皿2020.01.17

実はほぼ毎回注文しているチャーシュー皿ですが、久々に1枚撮影です。

ご主人曰く、温度計と睨めっこしながら作るという低温調理のチャーシューは本当に美味しく、皿で食べても、チャーシューメンにしても、格別の味わいです。

こちらのチャーシュー、常連さんにも評判のようで、先日知り合いからチャーシュー皿の写真が笑顔マークと共にLINEで送られてきました。

いや、普通ラーメンの写真だろうって(笑

2019.10.19

チャーシュー皿2019.10.19

おつまみメニューの、チャーシュー皿(350円)です。

私が注文する鉄板メニューで、毎回先にこれで一杯やってからラーメン食べます。

ちょい厚にカットされたチャーシューは、低温調理で非常に柔らかく、また不思議と油っぽさを全然感じません。

最近?お皿の端にちょこんと添えられるようになったワサビが、よい引き立て役となっています。

この内容、この味で350円は安いと思います!

ネギ皿

2019.10.27

ネギ皿2019.10.27

おつまみメニューの、ネギ皿(200円)です。

白髪ネギと青ネギの盛り合わせで、青ネギには刻みチャーシューが混ぜてあります。

独自のタレで味付けされており、この量、このクオリテォでなんと200円!

秀逸のおつまみ、店主は相当のお酒好きなんだと思います。

メンマ皿

2019.11.08

メンマ皿拡大2019.11.08

おつまみメニューの、メンマ皿(200円)です。

とんぼのメンマは太メンマ。

ほとばしる旨味、最高のおつまみです。

メンマ皿横から

おつまみメニュー全般に言えることですが、メンマ皿はこの内容で「200円」と格安です。

ラーメン屋さんにしては異質な充実のおつまみメニュー、是非お試しください。

半ライス+生玉子

2019.10.19

半ライスと玉子2019.10.19

半ライス(100円)と生玉子(50円)です。

たまごかけごはんにします。ラーメンのお供です。

ありふれたものではありますが、ラーメン屋さんで食べれるってめずらしいですよね!

これも美味しくスルスル食べれちゃうので、ラーメンのお供としては非常に優秀です。

ビール

2020.01.17

サッポロビール2020.01.17

めん屋とんぼのビールはサッポロ黒ラベルです。

銘柄が重要なのかはわかりませんが、ここで呑む瓶ビールは本当に美味しい。

なんというか中年になってから、ラーメン屋さんで呑む瓶ビールが本当に美味しく感じるようになりました。

ましてや、おつまみが充実しているめん屋とんぼですから、着席してからの1本はすぐに空いてしまい、おつまみができてから更にもう1本!って具合で、ラーメン出る前にお腹いっぱいになってしまうことも多々あると思います(笑

サッポロ黒ラベル中瓶が1本500円って、良心的なお値段だと思います。

ご主人に感謝!

さいごに

2018年9月に八王子市大和田町にオープンした「めん屋とんぼ」、ご主人が一人でコツコツやられてきて、決して優遇された場所ではないですが、お客さんからの支持は着実に増してきているお店です。

ラーメンの質を向上させる努力はもちろん、手間ばかりかかって収益も上がりそうにない(?)、ハイレベルなおつまみメニューの展開など、非常にいい意味で商売下手な人とお見受けしました(笑

オープンして1年ほどはほとんど休みも取らず、11時から21時までの(ご主人一人で)通し営業という過酷な労働環境にも関わらず、いつも笑顔で、大きな声の接客でお客さんを迎えてくれます。

めん屋とんぼのカウンターに座っていると、食べ終わったお客さんがお会計の時に店主と一言二言会話してから帰っていく姿を良くみかけます。

これはもう完全にご主人の人柄ですね。

女性のお客さんが多いのも、めん屋とんぼの居心地の良さを象徴していると思います。

ラーメン好きな人もちろんですが、じつは躊躇してなかなかラーメン食べに行けない女性の方なんかにもおすすめなお店、めん屋とんぼです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です